珈琲小話

珈琲小話

北海道に行ったことがある話

学生だった頃、珈琲に関する書籍を読んでいるとよく目にする名前が二つ。 東の関口、西の襟立。 関口さんとはおなじみ銀座・カフェドランブルの創業者。襟立さんとは、昔、大阪で「なんち」という珈琲屋をしていた方です。同時期に活躍されて...
珈琲小話

珈琲と映画と

8/5の町スタの内容について少し。 2013年の冬だったと思う。学生時代アルバイトをしていた書店でオンラインショップへ掲載する本のキャプションを書かせてもらったことがある。キャプションを書いたのは最初で最後だったけど、熱い思いだけで...
珈琲小話

いつも何度でも

”エブリデイロープライス” 大手スーパーで見かけるキャッチコピー。ただただロープライスがいいというわけではないけれど、モノの価値に対してロープライスであることを見極めることが大切であると思います。 珈琲屋を始めるときに気付いたのは、...
珈琲小話

珈琲文化の集大成

今のようにネットが普及しておらず情報が入手しにくかった時代、コーヒーに関する文献の代表であったのが「オール・アバウト・コーヒー」という本です。カフェドランブルの関口さんは図書館でこの本を和訳したといいます。その努力たるや脱帽します。珈琲屋...
珈琲小話

旅の途中

以前こちらで紹介した小冊子に新しいモノが出てました。いまや様々なドリップ方法が世に出ていますが、本書はネルドリップで抽出している店のみを掲載したもの。よくこんなにもあるなと感心し、著者の熱意に脱帽します。 コーヒーの抽出方法として、...
珈琲小話

濃いがいいわけではない

私にはとても好きな牛乳がある。飛騨牛乳ノンホモである。これは大宮にある食料品店"いととめ"に売っている。ノンホモの瓶売り。900ml入って400円程度の金額。でも、ほぼ売れ残って割引シールがはってあるので半額で買える時がほとんどです。 ...
珈琲小話

スペシャルティコーヒーってなんだ

徐々に日の目を浴びてきたスペシャルティコーヒー。スペシャルティコーヒーに認定されるには味覚検査があり、一定以上のおいしいが保証されたコーヒーです。一方、今までずっと私たちが飲んできたコーヒーはコモディティコーヒーと呼ばれ、味覚検査がされな...
珈琲小話

奥山の清水

珈琲を点てる水は、久美浜の奥山にある清水を使っています。家で口にする水もこの水を使っています。 以前、利き水をしたことがあります。いろはすや富士の天然水、ボルヴィックにクリスタルガイザーなど、市販で販売している水を10種類ほど集めて...
珈琲小話

TEN BLEND

ブレンドを作りました。"TENブレンド"コクとほのかな酸味と甘み、そして苦味。様々な味わいが顔をのぞかせ、ひとつの味わいとなる当店の看板ブレンドです。 学生だった頃、興味のあることをがむしゃらに学んでいくことが大切だと教わりました。...
珈琲小話

我が家のコーヒーミル

コーヒーを飲むならまず手に入れるべきはコーヒーミルです。とはいっても多くのメーカーから販売されていてどれを選んでいいかわからない。そんな声が聞こえてきそうです。 我が家ではドイツ  armin trosser(アーミントロッサー)の...
タイトルとURLをコピーしました