いつも何度でも

珈琲小話

”エブリデイロープライス” 大手スーパーで見かけるキャッチコピー。ただただロープライスがいいというわけではないけれど、モノの価値に対してロープライスであることを見極めることが大切であると思います。

珈琲屋を始めるときに気付いたのは、包装容器が結構高いということ。バルブ付きとか、ガス抜きとか、チャック付きとか。珈琲は確かに酸化します。が、賞味期限内(おおむね2か月程度)であれば、熟成が進みます。焙煎直後より2週間程度置いた方が味が深まるというのはこのせいです。だからそこまで空気に触れることを気にしすぎる必要はないと思います。(湿度と直射日光はダメです。香りが飛んでしまいます。)多少、酸素にさらした方がおいしくなるという新事実。(主観的ではありますが)

そういえば牛乳でも同じようなことが言えました。短時間高温殺菌(125℃2秒。いわゆる滅菌処理)と長時間低温殺菌(悪い菌のみ殺菌処理)を比べたところ、本来の消費期限は長時間低温殺菌牛乳の方が長く保たれるという事実。それは一定の菌(良い菌)を残すことで悪い菌が侵入してきても退治してしまうという理論でした。気にしすぎはよくないのですね。

さて、豆の匂いに慣れてくると袋の中にある豆の匂いで状態がだいたい把握できるようになります。豆の保管状態によっては消費期限が早まっていたり、それ以上保たれたり。珈琲を淹れる前には豆の匂いをかいでからにするとよいでしょう。そこは生鮮食品なので、経験が大切となってきます。

色々と思案するうち、当店の豆には高価な包装容器は不要ということになりまして、このような簡易包装を使っているのです。余計なコストを豆代に乗せなくてもよいからとても気持ちよく販売させていただいています。

ちなみにこの袋は、酸素バリア性は低いけど、湿度は通さないものとなっています。あとは直射日光を避けて保存すればオッケーです。

というわけで″いつでも何度飲んでもおいしい珈琲″を飲んでいただくために今日も思考を巡らすのです。

タイトルとURLをコピーしました