嗜好のdemitasse

珈琲小話

ネルドリップやペーパードリップでコーヒーを抽出すると、最初に濃い液体が出てきて徐々に薄くなっていきます。この濃い液体が味の核となります。抽出量にして約50cc。1カップ150ccとすれば、残りの100ccは味の濃さを調整するためのもの。

この50ccを飲む嗜好、それがデミタスです。旨味を抽出した琥珀色の液体、クリアな味わい、芳醇な香り、そして余韻。旨いそれを飲んだ時にきっとあなたは虜になるでしょう。逆に下手なそれを飲んだ時にしんどくなるでしょう。濃い味を出すということは良い部分も悪い部分も濃く出るということです。

このデミタスという飲み方は日本で生まれた伝統文化。当店でも実践し、継承していきたく、デミタスを抽出できる珈琲を作っています。焙煎でバランスをとっていないとデミタスは抽出できません。焙煎で香りを閉じ込めないとデミタスはおいしくありません。珈琲のうまいを凝縮した嗜好の極み、それがデミタス。飲んでみたい方はぜひお申し出ください。

と言いながら今週はお休みをさせていただいています。次の開店は、2月6日(日)です。

タイトルとURLをコピーしました